Everything Throwaway does on its music is carefully manipulated, leaving very little room for error. Experimentation at its best. Throwaway is onto something here, they’re just waiting for the rest of the world to catch up”

Eddie Ugarte, Ghettoblaster Magazine

 

Throwawayはアメリカ人のギタリストのKirsten Careyのバーンドです。「clipping.」というバンドのRick and Morty Soundtrackに出たシングルでCareyのギターが聞けます。アメリカではTyshawn SoreyとOkkyung LeeとElliott Sharpと共に演奏したことがあります。

Throwawayはアートロック系で、妙技に複雑なリズムや狂っているメロディーを飛び回ります。”Throwawayのエネルギーは表現力豊かでオリジナルです”(The Public)。DeerhoofもPrimusの影響を感じられます(eCurrent)。 

すべてのメディアとビデオとライブビジュアルにThrowawayのキャラクターがいます。この女の頭は茶色の紙袋です。妖怪ではない。鬼ではない。多分彼女は人間でもわからない。しかも、Throwawayという存在は一体何なんだって誰にも分らなさそうです。とりあえず、彼女の外見からみては頭が茶色の紙袋であるぐらいしかわからない。 

Throwawayの面白い音楽ビデオはAnn Arbor Film Festivalで入れて、ちょくちょくアメリカでのImpose MagazineもPostーTrashもMetro Timesもの記事に出たことがあります。ThrowawayはライブでThe Flying LuttenbachersとAmyl And The SniffersとFucked Upをサポートしることがあります。

Throwawayの「WHAT?」と言うデビューアルバムは2019年に発売しました。2022年にシカゴのFPE Recordsが次の「Hand That Takes」と言うEPは発売しました。

音楽!

英語で記事に優しいもの!

"The craziest, coolest thing we've heard in a while. Kinda grungy, but mostly ferocious, and absolutely brilliant." - Don Smith, Soundsphere Magazine

"“Throwaway plays with a shit-ton of attitude and has the musical chops to back it up.” - It's Psychedelic Baby Magazine

"A gnarly, skronky, exhilarating pathwork of punk, no-wave, noise-pop, and weird-metal… WHAT? has a next-level kind of elegant ferocity and a fully crystallized aesthetic."  - Jeff Milo, Detroit Metro Times

"Throwaway comes at you strong with a ripping guitar and lots to say... It’s witty, harsh, and a bit rough around the edges in the best way possible. It feels like a piece of self-expression that goes beyond just making music." - CW50 Detroit

 

楽しいビデオ!

プレースの写真